マルチプロバイオティックという乳酸菌サプリの購入者のデータ

乳酸菌サプリメントを服用している方の属性などは、様々です。男性も女性もそれを服用していますし、もちろん年齢層も多彩なのですね。
ただ各サプリメントのデータを見てみると、1つ共通点が見えてくるのです。一般的には、年齢層が高めな方々と、女性がそのサプリを服用している事が多いのですね

どのような方がマルチプロバイオティックを購入しているか

まず年齢層から申し上げると、40代や50代以上の方々がサプリを購入している事が多いようなのですね。それは楽天などで確認をする事ができます。
楽天を使うとサプリの購入者のデータを確認できるのですが、あれを見渡してみると、ミドル層以上の方がそのサプリを購入している事例は非常に多いのです。いわゆる若年者の方々は、余りサプリを購入していない傾向があります。
恐らくその理由は、アンチエイジングではないでしょうか。年齢を重ねると体の調子が色々変わってくる事も多いので、サプリの購入者のデータにそれが反映されているのだと考えられます。

それと男女別で申し上げれば、女性が多いですね。お通じ改善に興味をお持ちの女性は多いですし、そもそもお肌の調子を整えたいと考える女性も、多く見られるのでしょう。
ところでアメリカで開発された乳酸菌サプリの1つに、マルチプロバイオティックがあります。あれはアシドフィルス菌など様々な珍しい乳酸菌が入っている商品なのですが、購入者の属性は大体上記の通りになります。

まず男女別で申し上げれば、マルチプロバイオティックの購入者は女性が多いですね。その商品を購入した方の中で、80%から90%程度は女性という状況になります。もちろん残りの方々は、男性なのですね。ですので、女性に好評なサプリの1つと断言できるでしょう。
では年代層はどうなっているかと申しますと、やはり多くのミドル層の方々が、それを購入しています。特に女性の場合はそれが顕著で、主に40代の方々がマルチプロバイオティックを購入している状況ですね。30代の購入者の割合も比較的多いですが、それでも40代ほどではありません。

逆に若年者の方々は、やはり少ないですね。20代の方もその商品を購入していますが、全体の5%にも満たない割合になっています。年齢が若い方々というより、むしろ高い方々がそれを購入しているケースが多いのでしょう。
つまり上記のアメリカ産の乳酸菌サプリは、主に女性とミドル層の方々が、主な購買層という事になります。ある意味、ごく平均的なサプリの1つだと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です